** Serendipity (幸せな偶然) **

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きなニンジンのお味 --- その(1)

<<   作成日時 : 2009/10/22 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

よぉ〜し o(^o^)o

やたら(!)気合いが入っているようですが、食いしん坊な私です
本場で大好きな韓国料理を満喫できると思うと、いやがおうにも期待が高まります



大きなニンジンのお味 --- その(1) のテーマはそのまんま。
「韓流グルメ」編です


日曜日のお昼のフライトで着いた金浦空港。
ツアーはフリーですが、往復の空港−ホテル間の送迎と免税品店でのお買い物がセットになっていました。
ホテルに着いた頃には、私たちはもうお腹ペコペコ。
早速韓国料理を満喫しようと東大門市場の方へ繰り出します

画像




やって来たのは、『チンオックァハルメ・ウォンジョ・タッハンマリ』という、鶏肉の鍋料理専門店。
お店の前には、あら、行列が o(^ ^o) o(^ ^o) o(^ ^o) o(^ ^o) o(^ ^o) o(^ ^o)
地元の方達にも人気みたい。

中に入り、席に着いた私たちの前に、何も言われずでで〜んとお鍋が置かれました。

画像


お、大きい 鶏肉が丸々スープのお風呂につかってます。
しばらくすると、グツグツ煮立ってきました。

ここから一体どうするのと、キョロキョロしていた”いかにも”観光客な私たち二人。
お店の人がやって来て見たことがないような大きなハサミで、ザクザク鶏肉を解体してくれました。
キムチも入って辛そう... 

画像



真っ赤な練り唐辛子の薬味をスープで薄めて、ではでは、いただきま〜す

か、辛〜い  でも、美味しい〜
汗をかきながらはふはふと鶏肉と野菜をいただきます r(^ ^;)
でも、私たちの食べ方って邪道みたい。
周りのジモティ〜さんたちは、真っ赤な練り唐辛子の薬味の”山”に鶏肉や野菜をたっぷり付けて食べられていました。
これは新陳代謝がよくなるはずだワ
韓国の方達のつるりんゆで卵肌の秘密はやっぱり唐辛子にあるようです。



2日目の朝は、お腹に優しいスタート。
明洞(ミョンドン)にある、『味加本』というお粥のお店で一日の始まりです。

画像

ガイドブックのせいか、こちらは日本の方が大勢来られていました。(看板にもしっかり日本語が!)
私たちは牛肉と椎茸のお粥をいただくことにしたのですが、ほらぁ〜! やっぱりキムチが漏れなく付いてきましたよぉ。

画像

お粥は淡白だけどキムチがちょうどいいアクセントになって、美味しくいただきました。




観光を楽しんだ後、お昼には楽しみにしていたメニューの一つ、参鶏湯(サムゲタン)を。
土俗村(トソクチョン)』という専門店へ行きました。
あ、看板にニワトリ×高麗人参×ナツメが描かれてるぅ

画像

この組み合わせは参鶏湯の定番。絵でもわかるようになってるのが何だかお茶目な感じです。


お店の間口自体は狭いのですが、中は広〜い。
奥にズンズン進んでお座敷に案内されると、みんな食べてます、食べてます、参鶏湯
食前酒にはニンジンのお酒が出てきましたが、ははは 私にはやっぱり無理ぃ〜とすぐにギブアップ。
早速に参鶏湯に移ります。

画像


お、美味しい〜 o(≧▽≦)o♪♪♪
鶏肉、高麗人参、ナツメ以外にも、こんなにたくさんの材料が入っていて、栄養満点。

画像

お店のパンフレットによると、栗、朝鮮松の実、銀杏、生姜、かぼちゃの種、ニンニク、はと麦、黒ゴマ、ひまわりの種、
玄米等など、30種類以上の薬材と材料が使われているんですって。
とろり濃厚なスープをいただくと、気のせいか食べているそばからお肌がしっとりしてきた感じ。

素材にこだわった、農場直営のソウル市特別指定伝統飲食店だそうです。
(お店の様子もぜひこちらの土俗村のリンクを見てみて下さいネ。)

ここでも、各テーブルには、白菜のキムチとカクテキの壺が幅をきかせていて食べ放題。
「辛〜い、でも、クセになる美味しさ☆」って、今思えばこの頃から、唐辛子中毒が始まっていたのかも



肉食(獣?)な私。韓国でお肉を食べないなんて有り得ないワ。
那度香(ナドヒャン)』というお店では、牛と豚の焼肉をいただきました

韓国料理屋さんって、注文する品以外にお店によって違う副菜がいろいろと並ぶのが楽しいの
こちらの焼肉屋さんでは、ね、こんなにたくさん
大〜〜きなお肉は、やっぱりお店の方が手際よく切り分けて下さいました。

画像 画像



お肉もガッツリいただきましたが、お野菜も一緒にたっぷりバランスよく。
副菜はお変わりができるので、お肉を巻くサンチュ(チシャ菜)やエゴマの葉、サラダは何回も持ってきてもらいました。
やっぱりキムチもあって、辛い、辛〜いと言いながらも美味しくいただいたのでした。

お勘定を済ませた私たち。
お店のオーナーから「好きな韓流スターは」と質問が...。
よくわからないけど、

    「チャン・ドン○ン!」(kanaさん)
    「○・ビョンホン!」(私)

と答えると、おもむろに大きなタッパー(!)を開けて、たくさんのブロマイドの中からお目当てを下さったのです
韓国ではオマケやサンプルをたくさんいただくのですが、まさか焼肉屋さんでブロマイドだなんて。
でも、「きゃあ〜ん、素敵」って、たくさんの日本人観光客が喜んだことは間違いありません。
(↑ここにも約2名...(笑))




ガイドブックにあった南大門市場のB級グルメ街の食堂では、水餃子をいただきました。

画像



海苔とゴマと卵のスープには、写真ではわかりにくいかと思いますが水餃子と、韓国のお餅のトックもたくさん入って
いました。もちろんキムチも忘れずに...(笑)




韓国の定番料理と言えば、チゲを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか 私も大好き
スンドゥブ(おぼろ豆腐)のチゲが食べたくて、『チョンウォンスンドゥブ』というお店へ行きました。

画像 画像


モダンでシックな感じ☆ 
この写真では人が写っていませんが、その後あっという間に満席になっていました。

さてさて、本場のチゲの登場(^ ^) これは豚肉とお豆腐のチゲ。グツグツ言ってます。
もちろん、副菜も一緒に。

画像 画像


真っ赤なチゲは、生卵を2個も投入しても、やっぱり辛いーーー
でも、すっかり辛味に慣れてきていた私たちは、この辛さがまたクセになってしまって (*^m^)

チゲをおかずにご飯と一緒に食べてもよし、チゲとご飯を↑の銀色のお皿に入ったサラダ(モヤシやニラ、海苔、
コチュジャン等が入ってます)と混ぜる即席ビピンパにしてもよし、で大満足でした





何だか辛いモノばかり食べていたようですが、こんなのもいただきましたヨ。

お夜食に、じゃじゃ〜ん 知る人ぞ知る、クリスピー・クリームドーナツ

画像

関西にお店がないので(涙)食べたことがなかったのですが、関東では長蛇の行列だという噂を聞いていてずっと気に
なってたの。明洞のお店ではすぐに買えて、ホテルにお持ち帰りしちゃいました。

画像 ひゃあ〜! これホンマにドーナツなん
 指でつまんだだけで軽くてフワフワ。
 お口の中でもふわふわ、ふわふわ
 たかがドーナッツ、されどドーナッツ。こんなに美味しいなら、
 やっぱりまた食べた〜い...  
 行列に大納得だったのでした





クリスピー・クリームドーナッツもそうですが、ソウルにはカフェがあちこちにあります。

3日目の朝食は、おしゃれな雰囲気のカフェ『A TWOSOME PLACE』で。
ラテをお供に、kanaさんはパニー二サンド、私はお豆腐が入ったオリエンタルサラダをオーダー。
ドレッシングがマッチしていてかなりgood (^o^)b でした。

画像





そうそう、大好きなスターバックスコーヒーもあちこちにあったのですが、仁寺洞(インサドン)でハングル文字の店舗を
発見

画像 画像


こちらのスタバは韓国の伝統が残る仁寺洞の風景に合わせて、韓国で唯一、店名がアルファベットでなくハングルに
なっているそうです。その上、今スタバは世界中にありますが、自分の国の言葉で表記されているのは韓国だけ
らしいのです。
「스타벅스커피」と、同じハングルでも手書き風と印刷風があるのもユニークですよね

スタバは日本でもよく行っているので記念撮影と、会社のお友達のMさんのリクエストのご当地タンブラーをゲット(^o^)
だけしてきました。

画像


ハングル文字がいかにも「韓国」のタンブラー、一体何が書いてあるのか気になったので調べてみると、「訓民正音
(フンミンジョンウム)
」というハングルの文字体系を解説した書物の文章で、韓国の方たちには馴染み深いもの
だそうです。





「よぉ〜し o(^o^)o」と最初に気合を入れたまま、食べ物の話題となると止まらない〜〜〜 r(^o^;)
とっても、とーーっても長い記事になってしまいました。
おつきあい、ありがとうございます。

そして結論は、韓国料理、やっぱり大、大、大好き
今も食べたいよぅぅぅ〜、と毎日夢に出てきそうです(笑)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ニタニタ〜(*^。^*)
思い出し笑いしながら、読ませて頂きました♪
しかし、よく食べたよね。
そりゃ〜体も重くなるわ(笑)
すっかり辛味中毒になっちゃたね!!
辛味が恋しいよ(/ヘ ̄、)
日本でも、韓国料理デートを是非しようね☆
食いしん坊ばんざ〜い \(。・▽・。)/
kana
2009/10/23 13:59
ニタニタ〜(*^。^*)
私も思い出し笑いしながら、書いてたの♪
ホントよく食べたよねー。
帰ってきて体重計にのって、ぎょぎょっとしたけど、↑をもう一度思い返すと納得(?!)
スーパーで買ったようなキムチでは物足りなくて... ↑のお料理たちが本当に恋しいの。韓国料理デート、ぜひぜひ実現しようね〜〜〜
けぃてぃ
2009/10/24 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きなニンジンのお味 --- その(1) ** Serendipity (幸せな偶然) **/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる