** Serendipity (幸せな偶然) **

アクセスカウンタ

zoom RSS ”早春”バージョン

<<   作成日時 : 2009/03/01 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

目にとびこんできたのはこちら。

画像


この日の「HAPPYキーワード」になりました


あるスポーツの世界選手権大会のお手伝いをした時に知り合ったJちゃん。
何だかとっても気が合ってその後も会うようになって、気がつけばもう何年もの長〜いおつきあいに。
今ではいろんなことを話せる大切なお友達の一人です。
そのJちゃんとの「そろそろ会おうよぉ〜」の特別な合言葉が「○○バージョンしよう〜
○○に入るのは季節。春だったり、秋だったり、盛夏だったり、真冬だったり...


今回は、「早春バージョン」。

少し温かな春の陽射しが明るかった昨日の土曜日、訪れたのは梅田にあるPORTUGALIA、前から気になっていた
ポルトガル料理のお店です。
コリアンダー(香菜、パクチーとも言いますね)がだ〜い好きな私、ポルトガル料理にはたくさん使われると知ってからずっと
行ってみたくて

メニューを見てどんなひと皿が出てくるのかワクワク・ドキドキ o(^^o)(o^^)o


画像これ知ってるぅ〜、というので、前菜に選んだのは、
バカリャウのコロッケ(Pastéis de Bacalhau)
ころんとしたひと口サイズの可愛いコロッケです。
バカリャウというのは、ポルトガル語で干した鱈のこと。
あちらではとてもよく食べられているそうです。
(詳しくはこちら。)

このお魚には逸話があって、ある日本人が「バカリャウを
欲しい」と何度言っても通じない。堪忍袋の尾が切れて
「馬鹿やろー」と叫んだらお目当てのものが出てきた
とか。(ホンマかいな?! r(^^;))



画像次は、海の幸のカタプラーナ(Cataplana do Mar)
カタプラーナというのは、ポルトガル料理には欠かせない
銅製のお鍋。こんな風に貝のような形をしていて蓋を
取るとたっぷりの魚介類とお野菜がこんにちは〜
お店のイチ押しメニューというだけあって、お味は絶品 
緑色に見えるのは、コリアンダー(*^m^)
魚介とお野菜の凝縮したスープが滲み出していて
こんなに美味しい蒸し煮を食べたのは初めてかも

そう、一番上の写真はこのカタプラーナ鍋なのです。
私たちは海の幸のをオーダーしましたが、お肉のもある
そうなので、今度はそちらをオーダーしてみたいなぁ


画像お肉料理は”マカオ”風ピリカラチキン(Galinha Africana)をセレクト。その昔、ポルトガル領だったマカオの料理は、同じくポルトガル領だったアフリカ諸国の影響も受けて
いるのだとか。
このアフリカン・チキンはそのマカオの名物料理の一つ。いろいろなスパイスにココナッツミルクを混ぜたソースを
チキンに塗り固めてオーブンで焼いてあるのですが、
ピリッとした中にもココナッツミルクのマイルドさが
印象的なひと皿でした。

素朴なポテトチップスも一緒に。


そして、お米料理で〆を。
英米では”Devil Fish(悪魔の魚)”とも言われるタコ。確かに見た目はいけてない...ですが、ポルトガルでも
イタリア、スペイン、ギリシャ等と並んでタコがよく食べられているそうです。
タコご飯(Arroz de Polvo)は、タコがごろごろ入ったリゾット。これまたコリアンダーの風味がぐぅ〜(^o^)b

画像 画像



ちょお〜っと多かったかもね... と言いつつ、あまりの美味しさにぺろっと完食
別腹も使っちゃった(!)ので、デザートはまた今度ということでドリンクだけいただきました。

私はマザグラン(Mazagrã)、Jちゃんはハーブティー(レモンジンガー)を。

画像 画像

コーヒーにレモン という意外な組み合わせでしたが、さっぱりしていて「お腹がいっぱ〜い!」を緩和して
くれました。



その後、場所を変えておしゃべりの続きを。
前回の「冬バージョン」では長い行列で諦めたMarina de Bourbonへ向かいます。

画像


やっぱり〜の行列ができていましたが、お腹がいっぱいなので、のんびり待ち時間を過ごします
ちょうどお腹がこなれてきた頃にお店に入ることができたので、デザートも注文しちゃいました

きらきらアイスティーと、お店で一番人気のブルーベリーのチーズケーキ。
février(2月)という名前のお紅茶は、梅の香りとハチミツのスイートな風味が新鮮でした。

画像 画像




「早春バージョン」は南欧ポルトガルとパリへの小旅行気分。
思わず説明に力が入っちゃいましたが、PORTUGALIA、とぉ〜ってもお気に入りのお店になりました。
定番のフレンチやイタリアン、和食や中華もいいけれど、こんな風に違った国のお料理を食べるの大好きです
その国独特の歴史背景やルーツ、地理的条件なんかも隠されていて、そんなことを紐解きながらいただくのが
楽しいの〜  (ただの「食いしん坊」(?!)(笑))



Jちゃん、いつもありがとう
次は、「新緑バージョン」かな
また会えるのを楽しみにしてるネ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
”早春”バージョン ** Serendipity (幸せな偶然) **/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる